健全な財務諸表に見せられる手形割引

手形とは、指定期日までに記された額面を支払うという約束をした有価証券のことで、手形と言えば通常この約束手形を指します。
商取引の際、現金の支払いを先に延ばしたとき、手形を振り出し現金の代わりとします。
手形を受け取った側は、期日前に現金化したい時もあるでしょう。
そうした時に、現金化する手段の一つとして、手形割引があるのです。
手形を銀行や貸金業者といった第三者に譲渡し、現金化します。
但し、受け取れる金額は、額面から期日までの利息分を割り引いた金額となり、期日よりも日が多い程より割り引かれます。
第三者(銀行または貸金業者)に譲渡した手形が不渡りになると、割引依頼人に対して、額面の支払いを請求されるのです。
つまり、事実上手形割引は手形を担保して第三者から借金をしているのに過ぎません。
第三者に返済義務のある負債を抱えている状態なのです。
しかし、バランスシート上では、有価証券を譲渡し現金化しただけなので負債とはならず、健全な経営に見えるのです。http://www.nihon-hoshou.co.jp/product/bill.html